skip to Main Content

涼しい夏のために裸眼3Dパネルを見に総合運動場駅へ!

2019年6月19日、ソウル駅に254インチ裸眼3Dパネルの試演会に続き、ソウルメトロの総合運動場駅にも2台の裸眼3Dパネルが素敵に位置を占めることになりました。

7月24日パネルの設置を完了し、電気線の連結、動画試験を経て、8月15日には総合運動場駅で2台の素敵な裸眼3Dパネルと3D映像を見ることができるようになります。

総合運動場駅は、毎年プロ野球開催を通じて、野球ファンたちが週末ごとに追い込まれており、8月9~11日には世界的なエンターテイナー’サイ’の公演がある予定であり、2020年5月にはFormula Eまで開催される予定で、歴史的な1988年ソウル五輪の総合運動場で世界的なE-スポーツの場に生まれ変わる予定です。 こうした総合運動場の進化とともに、オーバーダイムが総合運動場駅で最先端の裸眼3Dパネルを設置して一緒にやるようになって非常に光栄と思っています。

これから大田KTX駅, 釜山KTX駅にもオーバーサイムのパネルが設置される予定ですので, ソウルだけではなく地方でもオーバータイムを間もなく会うことが出来ます。 いつも関心を持って応援してくださいましてありがとうございます。

では近いうちに大田(デジョン)と釜山(プサン)でお会いしましょう~!

Back To Top
Search