skip to Main Content

2020年OVERDIGMは世界へ!

2020年1月2日OVERDIGM 姜喆洙 カンチョルス代表は従業員と始務式を行い、2020年にはOVERDIGMが世界へ跳躍をする一年に作り上げる事を決意いたしました。当日、中国上海へOVERDIGMは無眼鏡3Dパネルを20台船舶に乗せるお知らせを従業員全員に通報いたしました。OVERDIGMが遂に初の海外への輸出を果たせました。サウジアラビア行きのディスプレイパネルは今年の2月現地に到着する予定でOVERDIGMの製品が次々と海外に輸出する予定です。当社OVERDIGMにとっては年始早々として良い象徴と思われます。

昨年の2019年OVERDIGMは中国、サウジアラビアとの一手販売契約を果たせ、日本、アメリカ、インドネシア、ベトナムとした多くの海外会社から注目を浴びています。成果を果たせるため我々は一生懸命頑張って今年が実り多い一年になるよう決心いたしました。

2019年6月ソウルKTX駅にて初めて世界で一番大きい254インチ無眼鏡3Dディスプレイを設置後、約6カ月で海外一手販売契約をして製品など3Dコンテンツ輸出を出た事に、我が社の目標とするグローバル業界へと近づいています。

2020年にOVERDIGMが世界へと踏み出せるよう皆様応援どうぞよろしくお願い致します。

Back To Top
Search