skip to Main Content

オーバーダイム、中国青島市にデモルーム設置予定

オーバーダイムが先月の8月23日、

青島市を訪問して青島天輝节能科技有限公司(Qingdao Tian Yao Energy Saving Technology Co.,Ltd.) と中国内でオーバーダイムの3D事業を進めることに合意しました。

青島市は、青島ビールでよく知れわたっている都市で、中国で四番目に大きな港湾都市です。 巨大白物家電メーカーのハイアール(Haier)と主要電気会社の海信集团(ハイセンス)の本社が位置しており、ギターメーカーであるエビフォンも青島に工場をオープンしました。
中国パートナーは現在、駐青島大韓民国総領事館の近くに3階規模の大型3D専用デモルーム設置を準備しています。 来月(10月)オープンを目指して全職員が忙しく動いています。 デモルームオープンに合わせて大々的なオープン行事も計画しています。

また、中国パートナーはデモルーム設置を契機に、省および市単位の代理店を募集し、中国全域にわたって流通網をぎっしりと構築する計画です。 すでに杭州市をはじめ、20ヵ所以上の自治区から代理店契約を要請がくるなど、オーバーダイムの裸眼3D事業に対する関心が高まっています。

デモルーム設置でオーバーダイムの中国市場進出にもさらに加速度がつくようになりました。

オーバーダイムのChina Invasionを応援してください!

Back To Top
Search