skip to Main Content

3Dコンテンツは教育に効果的!?

3D映像コンテンツが、子どもたちの発達にどんな影響を与えるのでしょうか。
ここに興味深い実験結果があります。

実験を通じて、2D幼児教育を受ける子供たちと3D教育を受ける子供たちに分けて教育を行った後、結果を確認してみました。果たしてその結果がどう出たか、皆さんと一緒に見てみたいと思います。

(参照:『教育用の3D映像コンテンツを活用したプログラムが幼児発達および創意性に及ぼす影響』、 2013年・創造力教育研究第13冊3号、イム・インジョン、ソ・ヒョナ、ホ・スユン)

実験の結果は,

教育用3Dコンテンツを活用した授業の場合、学習に必要な時間を短縮させるだけでなく、大小の筋肉操作能力の向上にも役立ち、複雑な問題も簡単にアプローチできていたことが分かりました。また、幼児の認知的発達を図り、幼児との相互作用をより多様に導き出し、言語的な発達にも刺激を与えることが明らかになりました。

結果を見ると,

一般的な幼児教育を実施した統制集団よりも3D映像コンテンツを活用した実験集団のほうが、幼児創意性検査の点数と幼児発達検査の点数がさらに高いことが分かったのです。

結果により,

3Dコンテンツは、教育に活用しても高い効率を示すことが分かります。児童の乳児発達と創意性に肯定的な影響を与えたように、 3Dコンテンツの活用策は無限だということですね。

多様な産業分野と協力し、3Dコンテンツをさらに発展させるオーバーダイムの姿を、これからも見守ってください!

Back To Top
Search